Q
解決しました

多のう胞性卵巣症候群と、自閉症の確率について

二ヶ月前に女児を産んだ者です。
最近、スウェーデンの研究でネイチャー系医学誌に、多のう胞性卵巣症群の母親から生まれた子は、ホルモン異常により、59%自閉症の確率があがると掲載され、心配です。肥満症であるとさらに確率が上がるとか。
他に、自閉症の確率が上がるとされる、妊娠時の飲酒喫煙は勿論ありませんが、出生時の夫婦の年齢は、妻35歳前、夫41歳です。
私は肥満ではありませんが、妊娠糖尿病でインシュリンを打っていました。

第二子妊娠も希望していますが、やはり次回妊娠時も多のうほう性卵巣症群だった場合を考えたら、研究がまだ完全ではないとはいえ、妊娠を戸惑います。
そこで、お伺いしたいのは59%確率が上がるというのは、健常な子を含め、どれくらいの確率(何人に1人)で自閉症が発症すると思われますか?
次回妊娠時にも、前回と同様に多のう胞性卵巣症候群になり、ホルモン異常により自閉症の確率があがるのでしょうか?
(30代/女性)

質問者:キャバリエ さん

3人の医師からの
回答があります

hero2005 先生

hero2005 先生による、キャバリエさんの多のう胞性卵巣症候群と、自閉症の確率についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。