Q
解決しました

ビタミンDが及ぼす妊娠率について

男性要因(閉塞性無精子症)のため不妊治療中です。初めての顕微鏡受精で最初の子供を授かりました。現在2番目の子供に向けて治療を進めています。
体内のビタミンD濃度が妊孕性に深くかかわりがあり、
特にビタミンD濃度が高いほどIVF治療の結果が良いとされているようです。
オンラインで読める医療論文ではサンプル群が主に白人女性のデータを元に執筆された研究は沢山読めたのですが、ある論文ではアジア人などではビタミンDの体内濃度が高すぎると結果が伴わないように執筆されていました。
実際の所、不妊治療に関してビタミンD濃度はどちらの方が(低い・高い)アジア人女性には良いのでしょうか?
不妊治療の研究からはビタミンD濃度40~50(単位失念)を保っていると高い妊娠率・出産率に結びつくため、この数値を強く奨励されているようですが、不妊治療を受けている日本人女性では平均濃度はどれ位なのでしょうか?
ビタミンDをサプリメントで服用していますが、数値を上げるにはどれ位の期間と量を飲むべきでしょうか?
(40代/女性)

質問者:遠距離でさらに不安 さん

5人の医師からの
回答があります

ニューロロジスト西 先生

ニューロロジスト西 先生による、遠距離でさらに不安さんのビタミンDが及ぼす妊娠率についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。