Q

好酸球増多と癌

以前、プレマリンとプロゲストンのホルモン治療を行いました。
怠さや疲れやすさ、微熱が出ましたが、効果は出ていたので3ヶ月続けました。
あまりにも微熱が続くので、血液検査をしたところ、好酸球の値が45%になっていました。
ホルモン治療を中止したところ、数値は正常に戻りました。
その後も体調不良は止まらず、不眠や動悸も起こるようになりました。

しばらくして、再度婦人科で検査したところ、子宮がん肉腫が見つかりました。

最初のホルモン治療と何か関係はあるでしょうか?
(30代/女性)

質問者:ゆみこ さん

9人の医師からの
回答があります

しるふぃーゆ 先生

しるふぃーゆ 先生による、ゆみこさんの好酸球増多と癌への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。