Q

利き手と反対側を使うことの医学的な悪影響について

お願いいたします。

現在28歳になり、2ヶ月前からピアノを始めました。

私は右利きで、左手がスムーズに動くようになりたいと思い、利き手と反対側で日常生活を送るトレーニングをサイトで見つけ、取り入れました。

具体的には、利き手の反対側で箸をもったり、左手で文字を書いたり、電卓を左で叩いたり等、日常生活を左手で送るようにしています。

高校生の時にも実践していたこともあり、そこそこ動くようにはなったのですが、他のサイトで、利き手じゃない方を使うようになると、脳に良くないとか、神経がおかしくなるという記事を読み不安になっております。

そこで下記3点質問させてください。

1 利き手と反対側で日常生活を送るトレーニングは、脳や神経等、医学的に見て、不都合や、悪影響が出たりするものでしょうか。

2 ダイエットにも効果的とありますが、医学的にいいのでしょうか。それとも、使いづらさから、食事量が減るといったものなのでしょうか。

3 このまま続けても支障ないでしょうか。また、利き手と反対側を使えるようになると、医学的に好影響が出たりするでしょうか。

個人的には、医学的に悪影響がないならば、続けたいなと思っておりますが、上記のことが不安になったため、相談させていただきました。
(20代/男性)

質問者:5656 さん

4人の医師からの
回答があります

ブラウンジャック 先生

ブラウンジャック 先生による、5656さんの利き手と反対側を使うことの医学的な悪影響についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。