Q
解決しました

P-TEGについて

PーTEGについてお尋ねします。67歳男性の左乳癌(1,8センチ)で1999年手術をしました。7年後に肺に転移その後骨転移も見つかりました。2年前に急に全身痙攣がきてそこで転移性脳腫瘍(側頭葉と小脳に各1個)と診断されました。この時にγーナイフと全脳照射で治療しました。3カ月毎のMRIでは脳のほうの悪化はないと言われています。半年位前から身体機能の低下が著しく嚥下も難しくなりましたが、自分の好きなおいしいものだけは少量ですが嚥下できます。しかし水分とそれ以外の栄養は取れていません。過去の胃がん胃切で癒着しているからとPーTEGをすすめられています。現場の看護師さんに聞くと管が入ると嚥下は難しく飲み込めないと言われました。私もそうなるのではないかなと危惧していました。家族も本人も少しでもおいしく食べられるという最後の楽しみを失いたくありません。先生の言われるように本当に食べられますか?又担当医はPーTEGは初めてすると言っていましたがリスクはないものでしょうか?小腸ろうでお願いしているのですが、どうでしょうか?長文になりましたが詳しい先生方アドバイスお願いします。
(30代/男性)

質問者:ゆず さん

4人の医師からの
回答があります

相談医師 先生

相談医師 先生による、ゆずさんのP-TEGについてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。