Q

低リスク前立腺がんの治療法について

私は、函館に居住する43歳、男性です。
昨年9月と10月にPSA検査をしたところ、それぞれ4.5、4.29でした。
父が5年前に前立腺がんで亡くなり、おじも前立腺がんで治療中のため、念のため昨年12月に前立腺生検査を実施したところ、12か所、検査をしたうち2か所で、がんが見つかり、グリーソンスコアは6と医者に言われました。
今週土曜に、骨シンチ検査をCT検査を実施し、再来週の土曜日に結果を聞きに病院へ行きますが、医者からは事前に「PSA検査、グリーソンスコアの数値から考えて、おそらく転移はないと思う。」と言われております。

仮に転移がなかったとして、私のがんは、まだ低リスクの段階だと思うのですが、その治療法として、一番ベストなものとして、密封小線源治療、陽子線治療、IMRT、手術のどれでしょうか。
私なりにインターネットで調べたところ、密封小線源治療が副作用が一番少なく、低リスクであれば、密封小線源治療、IMRT、手術のどれを選んでも再発率は変わらない(陽子線治療の再発率は、調べてもわかりませんでした。)ということから、密封小線源治療が一番、良い方法かなと思ったのですが、それで正しいでしょうか。

年齢がまだ若く、できれば性機能(勃起だけでなく射精機能も)を残したいと考えており、性機能以外についても、より副作用の少ない治療法を選択したいと思っております。
なにとぞ、ご回答の程、よろしくお願いいたします。
(40代/男性)

質問者:ひで さん

10人の医師からの
回答があります

相談医師 先生

相談医師 先生による、ひでさんの低リスク前立腺がんの治療法についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。