Q
解決しました

レントゲン・CTにうつった結石を見間違える可能性

レントゲンやCTを撮影した際に、結石を見落としてしまう、また結石と石灰を見間違えてしまうことは現実的な確率でおこるのでしょうか?
だいぶ前に健康診断で潜血があると言われた後左わき腹に疝痛のような痛みががおこり、泌尿器科でレントゲン撮影を受けたところ6ミリ程度の結石があるといわれました
その次の診察でCT撮影を受けたら、6ミリの石は結石ではなくて石灰で、その後ろに隠れるように3ミリ程度のものがあると言われたのですがそれが結石か石灰かはっきりしていません。
担当医は私の見た限りだとはっきりとは言えないが、放射線技師の方は石灰だと言っているとせつめいしてくれました。
医師の方は石灰だという感じで説明してくれてるのですが、自分の方からこれが結石ではないのかと質問してもよいのでしょうか?
今は血尿の原因を調べるために尿細胞診の結果待ちの状態なのですが、結石だとしたら手術で取り除いてもらいたいと思っています。
強い痛みはないのですが常に結石があると思われる脇腹に圧迫感があり、夜寝ている時に圧迫感が強まって2、3時間おきに起きてしまうような状態なので正直困っています。
(30代/男性)

質問者:本田 さん

14人の医師からの
回答があります

ひな夫 先生

ひな夫 先生による、本田さんのレントゲン・CTにうつった結石を見間違える可能性への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。