Q
解決しました

本態性血小板血症が急性転化した場合の対応等

家内のことでお聞きします。現在59歳ですが、15年ほど前に本態性血小板血症と診断され、7、8年前にバイアスピリンとメバロチンを処方されました。アクセスの関係で2、3年前に病院を変えたところ、飲みたくなかったハイドレアが追加されてしまいました。その時の血小板数は70〜80万でしたが、その後100万超もありました。待望のアグリリンが発売されましたが動悸など残念ながら家内には合わず、結局ハイドレアに戻っています。お聞きしたいのは、僅かの人らしいですが本態性血小板血症という疾患、さらにハイドレアによって白血病や骨髄線維症などに急性転化するらしいですが、ハイドレアを飲んでいると抗がん剤が全く効かないというのは本当でしょうか? またその場合、骨髄移植することは可能なのでしょうか?"たら"話のようで恐縮ですが、考えておくべきことと思い、質問させて頂きました。最後に聞き漏らしましたが、本態性血小板血症に消耗期というものが本当にあるのですか?
(60代/男性)

質問者:トム さん

2人の医師からの
回答があります

相談医師 先生

相談医師 先生による、トムさんの本態性血小板血症が急性転化した場合の対応等への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。