Q

卵巣がん化学治療とB型肝炎キャリア

卵巣癌1c(1、グレード1 妊孕性温存をしています。オペ前にB型肝炎のキャリアがわかりました。先日、化学治療TC療法を開始し投与後すぐにアレルギーで中止になりました。急に肝臓内科の受診を言われ、そちらの先生にバラグルードの服用を勧められました。妊娠希望であることを伝えると、知らなかったようで治療後、薬を変えられるかもなど曖昧かつ、考えうるリスクなどの説明もありません。また、服用をやめることのリスクも聞いてみても曖昧でした。今の状態での肝炎に関しては服用の必要性もなく発症もなく経過観察でよいくらいだそうです。できれば、服用せずに化学治療を継続したいです。
先生がおっしゃってたのが、TC療法では必ずしも薬の服用が必要ではないようで、薬の服用が必要なのか教えていただきたいです。また、抗がん剤の滴下がすごく速かったのが気になっています。アレルギーとの因果関係はありますでしょうか。
(30代/女性)

質問者:kana さん

5人の医師からの
回答があります

ななみこ 先生

ななみこ 先生による、kanaさんの卵巣がん化学治療とB型肝炎キャリアへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。