Q

びまん性大細胞型b細胞性リンパ腫 自然消滅

68歳になる父の診断について質問です

年明けに片方の鼻がつまるからと耳鼻咽喉科受診→腫瘍があるため紹介状をもらい総合病院へ行くことになりました。
1/14に生検、1/26にびまん性大細胞型b細胞性リンパ腫と診断がおりました。1/28にPET-CT、その結果腫瘍がなくなっており、癌細胞がほぼ消滅しているとの事で再度耳鼻科を受診するように言われたようです。2週間後に治療方針を決めるようですが、このような症例はあるのでしょうか。もしそうであればどのような治療法になるのでしょうか。再発の確率は高いのでしょうか
(60代/男性)

質問者:ふくはうち さん

3人の医師からの
回答があります

omeme眼科医 先生

omeme眼科医 先生による、ふくはうちさんのびまん性大細胞型b細胞性リンパ腫 自然消滅への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。