Q
解決しました

元からの肩の症状と石灰沈着性腱板炎

以前から左肩に少し痛みがあり頸肩腕症候群で整形に通っていました。
昨年10月頃に左首から鎖骨に寝違えの症状があった直後、
整体を受け その後、肩甲骨や肩から腕にかけ痛みがおき
左手が右肩に付かないほど曲がらなくなってしまいました。
整形でリハビリを受けていましたが12月初め 寝起きに左肩に力が入った途端 肩の中で激痛がおき全く痛みで動かせない状態に。それが頻回に起き叙々に腕が後ろにも前にも
動かくなりました。
リハビリは続けていましたが肩のや腕の炎症や腫れが
ひどくなり中止しました。
1月末に初めて肩のレントゲンを別の整形で撮り
石灰沈着性けん板炎と言われ安静にして治療は注射しかないと言われましたが、リハビリをしていた整形の先生は
石灰沈着とは関係ない。肩の痛みは元からのものと
言われましたが、痛みは年末から酷くなっており
夜も以前より痛みが酷く、歩くのも肩に響いて困難です。
本当に石灰沈着とは関係ないのでしょうか?
(40代/女性)

質問者:おきらく さん

11人の医師からの
回答があります

はまちゃん 先生

はまちゃん 先生による、おきらくさんの元からの肩の症状と石灰沈着性腱板炎への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。