Q

胎児水腫の原因は自己免疫学的異常?

不育症についてインターネットを検索していると、こんな文章がありました。

自己免疫学的異常としては、抗リン脂質抗体と、抗SS-A抗体の2つが病因として重要である。抗リン脂質抗体は、胎盤で血栓、梗塞を起こしIUGR、程度が強ければその部分に変性を起こし、胎児の完全房室ブロック(*心臓刺激伝導系の心房から心室に刺激が伝わらない状態)の原因となる。退治は徐脈となり、心不全に陥り胎児水腫を呈する。

上記のようにありましたが、それでは私が去年8月に胎児水腫で流産したことは、もしかしたら私に不育症の可能性もあるということですか?
今も妊娠中ではありますが、出血しており、だいぶ量は減りましたが、もし私が不育症だったらと思うと不安になりました。
(20代/女性)

質問者:ゆう さん

11人の医師からの
回答があります

しるふぃーゆ 先生

しるふぃーゆ 先生による、ゆうさんの胎児水腫の原因は自己免疫学的異常?への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。