NTMの3剤治療、ふんぎりがつきません。

person70代以上/女性 - 解決済み

77歳女性。ベースに気管支拡張があり、胸部CT(consolidation,粒状濃度)と血液及び喀痰検査(2回でMAC検出)からNTM(MAC)と診断、呼吸器内科の担当医から3剤による化学治療を推奨され一度は承諾したものの、副作用のデメリットを上回るメリットを見いだせす、服用を躊躇しています。処方は以下の通り。
・リファジンカプセル150mg×2
・エブトール250mg錠×2
・クラリス錠200×3
14日間服用後、採血と胸部Xp実施予定。

患者は148cm 43kg、体型痩身。独居、既応歴右乳癌(38歳、ハルステッド術、治癒)、子宮頸癌(40歳、円錐切除術、治癒)、盲腸癌(69歳,T3N0M0 pStg2)、左乳癌(70歳,T1N1minM0,アリミデックス服用中)、下行結腸癌(71歳、T1N0M0,ポリベクトミー)。

質問は
・77歳の高齢者への上記処方の妥当性(学会の見解では高齢者には低量または単剤からという主旨の記述)は?
・副作用の頻度・実態は?
・化学療法をしない場合の転帰は?

person_outline秋霜烈日さん

2名の医師が回答しています

ななみこ 先生

呼吸器外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師