Q

尋常性疣贅の感染力について

こんにちは。以前尋常性疣贅について相談させて頂いた者です。
2年前頃手指に2つのイボを見つけ、1年半かかりましたが皮膚科で液体窒素を当ててもらい治療しました。その間、極々小さなものを含め、計10個のイボを見つけては地道に治療を受け完治しました。
その後半年過ぎましたが、再発の恐怖から、治療を受ける前に触っていた物に触れるのが怖く、触れてしまった後は過度に手洗いをしてしまいます。
これではまた皮膚のバリア機能を弱くして、感染しやすくなってしまうと解っているのに、止められません。
そこで、先生方の見解を教えてください。
宿主から離れたイボのウィルスは、その後どのくらいの間感染力を持っているものでしょうか?
以前質問した際に、間接的な接触についてはあまり気にしなくて良いと教えて頂きましたが、具体的に感染力を持っているのは何日とか何カ月ぐらいだろうと示して頂けるとありがたいです。
(40代/女性)

質問者:もぷしー さん

7人の医師からの
回答があります

池澤 孝夫 先生 プロフィールを見る

池澤 孝夫 先生による、もぷしーさんの尋常性疣贅の感染力についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。