Q

低分化・多結節融合型の肝細胞癌の再発の可能性

質問者:Wisteria さん
通報する

私(79歳男性)は、昨年(12/9)2つの肝臓癌の摘出術を受けました。
細胞診の結果:多結節融合型/20mmの癌:低分化/8mmの癌:中分化/脈管侵襲なし/肝障害レベル:A/肝臓癌ができた原因は肝硬変が主なもの。
B型肝炎につき、2014年の検査で、HBc抗体:3.3 S/CO High、HBs-AG陰性、HBs-AB陰性、HBV-DNA陰性が確認されました。 2016/1/25の検査[HBs-AG,HBs-AGQT,HBs-AB, HBs-ABQT,HBe-AG,HBe-AGIN,HBV-DNA,HBe-AB,HBe-AB%I,HBc-M,HBc-MIN,HCV-AB,HCV-ABIN,HBVジエノタイプ,HBVコア関連抗,HBc抗体]の結果は、まだ頂いておりません。
AFP[基準値1.1~6.4]: 2015/10/5 110[H] → 12/3 254[H] → 12/9手術 → 2016/1/25 121[H] → 2/8 167.5[H]  
PIVKA-II[基準値40イカ]:2015/10/5 17→12/3 25→12/9手術→2016/1/25 16→2/8 16 注) 骨髄異形成症候群の疑いから、血液内科よりビタミンKとDを処方されてきた関係で、腫瘍マーカーPIVKA-II[ビタミンKを十分に補充していると肝癌がPIVKA-2を産生していても上昇しないことがある]については、その数値を有意なものとして見ることはできないと思われます。
AFP-L分画[カットオフ10%]:2015/10/5 検査せず → 12/3 26.2[H] → 12/9手術 → 2016/1/25 21.3[H] → 2/8 検査せず
以上から取り残し又は再発の可能性が高いように思われ、お尋ね致します。
(1)手術で摘出した2つの癌[低分化・多結節融合型]と今後再発してくる癌とは必ず同じタイプ[低分化・多結節融合型]になるのでしょうか。(2)ラジオ波焼灼療法の適応について「結節型」という記載と「多結節融合型」という記載を見たことがあるが、正確な適応はどういうものでしょうか。(3)低分化の肝癌はラジオ波焼灼療法を行うと播種が起き易いと聞きますが、播種が起きる可能性はかなり高いのでしょうか。
以上、細々と恐れ入りますが、ご教示賜りますようお願い申し上げます。
(70代以上/男性)

2人の医師からの
回答があります

雪国の画像診断医先生

雪国の画像診断医先生による、Wisteriaさんの低分化・多結節融合型の肝細胞癌の再発の可能性への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

おすすめのQ&A

Q

肝細胞癌に加えて胆管癌の可能性はないでしょうか。

私は79歳男性です。昨年12/9に肝細胞癌2個の摘出術を受けました。癌は多結節癒合型、1つは低分化型40mm、もう1つは中分化型8mm、B型肝炎既往歴あり(現在HBV-DNA陰性)、肝細胞癌の背景は主に肝硬変。今年2/29のEOB-MRIで再発が判明し4/1にTACE(肝動脈化学塞栓療法)を受け、1cm程度の癌2個に加えて数えにくいほど極小さい癌10個程度の全てに処置が施された旨説明を受けて退院しました。 本年2月以降の以下のような検査数値の推移から、私自身は、肝細胞癌のほかに胆管癌の疑いがあるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。 2012年夏頃にγGTPが340近くまで上がった際に阪大病院で調べて頂きましたが、はっきりしたことがわかりませんでした(2012年夏頃には、AskDoctorsにも質問させて頂き、お世話になりました)。2012年夏頃からずっと、私自身は、胆管・胆道系の病気を疑っているのですが、昨年10月に肝細胞癌が見付かってからは、消化器外科・消化器内科の先生方は肝細胞癌に対する手術、TACE等に専心注力下さっており、なかなかそれ以上の質問をしにくい状態ですので、是非ともAskDoctorsの先生方のお力をお借りしたいと存じます。何卒宜しくお願い申し上げます。 GOT:25[2/29]→26[3/31]→TACE[4/1]→86[4/2]→26[4/4]→45[4/8]→31[4/18] GPT:28[2/29]→26[3/31]→TACE[4/1]→55[4/2]→38[4/4]→56[4/8]→35[4/18] γGTP:86[2/29]→89[3/31]→TACE[4/1]→85[4/2]→80[4/4]→105[4/8]→130[4/18] ALP:267[2/29]→295[3/31]→TACE[4/1]→240[4/2]→258[4/4]→344[4/8]→347[4/18] LDH:159[2/29]→198[3/31]→TACE[4/1]→301[4/2]→227[4/4]→187[4/8]→162[4/18] LAP:2月、3月は未測定→TACE[4/1]→122[4/18] 以上の数値の経緯から、胆管癌の疑いがないかにつきご教示賜りますようお願い申し上げます。 (70代以上/男性)

70代以上/男性
Q

甲状腺ガン病理結果について

3つの腫瘍に対し甲状腺亜全摘出をうけました 病理診断は乳頭がん pT1b(M) pEx0 pN1(2/2) 所見は、乳頭がん像を認め、一部に低分化成分をともなう。いずれも甲状腺内に限局している。 背景甲状腺には、hiperplastic changeをみとめる。でした。 ここで質問ですが、 1.低分化成分を伴うとは、乳頭がん 低分化がんであると言うことでしょうか 2.hiperplastic changeとは何を意味しますか 以上宜しくお願い致します。 (40代/男性)

40代/男性
Q

肝細胞癌摘出術・TACEの後のAFP上昇

私は79歳男性です。昨年12/9に肝細胞癌2個(多結節癒合型の低分化癌40mmと中分化癌8mm)の摘出術を受けましたが、再発(再燃?)し、4/1にTACE(肝動脈化学塞栓療法)を受けました。TACEにより、1cm程度の癌2個に加えて極小癌10個程度の全てに処置が施されました。4/28のCT画像により、抗癌剤が一定程度効いて1cm程度の癌やその他の極小癌の縮小が確認された旨医師より説明を受けましたが、CT画像には、縮小したとはいえ小さな癌(塞栓物質により白く映る物)がまだ多数映っており、何よりもAFP等の値が急上昇していることから心配でなりません。TACEによる抗癌剤の効果は約1か月で抜けると聞いたことがあり、1か月経過した今、抗癌剤の効果が消えて癌が再燃してきているのでしょうか。 AFP: 2015/10/5 110[H] → 12/3 254[H] → 12/9肝細胞癌摘出術 → 2016/1/25 121[H] → 2/8 167.5[H] → 2/29 296[H] → 3/31 479[H] → 4/22 476.7[H] → 4/28 659[H] CA19-9: 2016/1/5 14 CEA: 2016/1/5 3 次のCT(造影剤)検査は6/28ということで、それ迄ウルソを服用するだけの状態で良いのでしょうか。因みに、私にはB型肝炎既往歴があり(現在HBV-DNA陰性)、肝細胞癌の背景は主に肝硬変です。 また、以下の検査数値の推移から、肝細胞癌のほかに胆管癌の疑いもあるのではないかということも気にかかっております。 γGTP:86[2/29]→89[3/31]→TACE[4/1]→85[4/2]→80[4/4]→105[4/8]→130[4/18]→142[4/28] ALP:267[2/29]→295[3/31]→TACE[4/1]→240[4/2]→258[4/4]→344[4/8]→347[4/18]→335[4/28] LDH:159[2/29]→198[3/31]→TACE[4/1]→301[4/2]→227[4/4]→187[4/8]→162[4/18]→185[4/28] LAP:2月、3月は未測定→TACE[4/1]→122[4/18]→121[4/28] 以上、お伺い申し上げます。ご教示賜りますようお願い申し上げます。 (70代以上/男性)

70代以上/男性
Q

乳がん再発、抗がん剤治療について

6年前に非浸潤がん(皮下乳腺全摘+同時再建インプラント) 無治療 経過観察中でした。 今年、6月 局所再発してしまいました。 生検での所見では、 R VAB Ca(+)3/4 Invasive carcinoma(+) Scirrhous~Invasive cribriform muscle invasion(+) NA:2,MC:1=NG:1 Ki67:low(<10%) 7月に局所手術。病理の所見では 腫瘍の大きさは、10mm×5mmでInvasive ductal carcinomaの再発に矛盾しない浸潤癌。 筋肉に浸潤。剥離面陽性(#E,F,andG) すぐに追加切除した結果、明かな癌組織はなし でした。 現在、放射線治療中(50グレイ照射予定) オンコタイプスコア 14 ER+ スコア8.2 PR+ スコア7.8 HER2- スコア8.7 ●筋肉に浸潤していた ●オンコタイプスコア 14 の中間リスクに近い低リスク の2点から抗がん剤をやるべきか?(ハイリスクでしたら、TCと思っていました。)中間リスクに近い低リスクなので、経口タイプ(TS-1かゼローダ)とも思います。 主治医は、放射線が終わったら、ホルモン治療だけで大丈夫と言っています。 本来なら再発しないはずの非浸潤癌からの再発、本当に無治療でよかったのか?そんなことも過り、今回の治療について悩んでいます。 あと、2週間ぐらいで次の治療です。 ご意見を聞かせていただけると大変助かります。 (50代/女性)

50代/女性

無料で見られるQ&A

Q

子供の手足口病の疑い

よろしくお願いします。子供は6才です。 子供の手足口病について教えてください。 4日前に手足口病の3才の子と遊びました。汗疹とおもっていたのが、手足口病だったようです。湿疹は水疱がある感じではなく、友達ももう咳とかからはうつらないよ!ってことだったのですが、その次の日そのお母さんが手足口病になりました。 うちの子はまぁ大丈夫だろうと思っていたら、今日熱は37℃5分くらいですが 手に1つだけ、ポツっとできています。 手足口だった場合どうしたらいいですか? 小学生なので、学校のこともあるしこの程度でも診察してもらう方がいいですか? 今日が土曜日で、明日明後日は病院がやっていないので迷っています。 (10歳未満/女性)

10歳未満/女性
Q

大人の手足口病

いつもお世話になります。 息子の手足口病が主人に感染してしまいました。 39度代の発熱と喉の湿疹から始まり今日で4日目ですが、手足の湿疹が酷く強い痛みもあるようです。 手足口病には特効薬がないということなので、初日に内科を受診して以降は受診していませんが、このような痛みはやはりひたすら我慢するしかないのでしょうか? PL顆粒を飲んでいますが、痛みは引かないようです。 また、先程赤っぽい尿が出たというのですが、手足口病で血尿が出ることはあるのでしょうか? 関係ないかもしれませんが、今日は水分をあまり摂らなかったそうです。 最後に、息子から主人に感染した手足口病が、また主人から息子に感染することはあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。 (30代/男性)

30代/男性
Q

子宮頸がん検診で精密検査

今月子宮頸がん検診を受けて結果が届いたところ、要精密検査でした。去年まで異常なしだったのですごく不安で、検診をしてもらった産婦人科を受診しました。そこで精密検査をしたときに先生から診たところ異形成かなぁと言われました。軽度から中度かなぁとも…。ガンではないよと言われましたが、異常とか異形成と言われると心配も消えず…結果にもよりますが、正常に戻ることは可能ですか?来月結婚するので妊娠も希望しています。異形成でも妊娠、出産できますか? (20代/女性)

20代/女性
Q

こどもの自閉症の可能性

乳児の共同注意について。1歳1か月になる乳児です。後方の指差し追従ができません。こちらの視線をおってその方向をみるとゆうのもはっきり感じられません。この時期にこれができていないのは自閉症の可能性ありですか? 視線はあい、いないいないばー遊びします。要求の指差し、手さしありますがこちらを見るときと見ない時とあります。おもちゃを電話のようにする見たてもでき模倣もできています。 言葉の理解はありで、頂戴、どうぞなどは「はい」とゆってしてくれます。言葉は、アンパンマンを指差しパンパンとゆったりおっぱいをパイとゆったりします。あと家族の名前をゆうとその人の顔をみたり指差したりします。 指差し追従が気になります。視野内の指差しは名詞をつけてゆうとてきているようですが、名詞なしで「あれ、みて」だとむかない時あります。自閉症の可能性ありですか? (乳幼児/女性)

乳幼児/女性
Q

マンモグラフィの1方向と2方向の差

マンモグラフィ-で乳癌検診をしようと思いました。市民健診では50歳以上なので1方向した取らないらしく費用もかなり低めに設定されてます。2方向だと自費になると言われました。去年7月に無料で市民健診では1方向で異常なしでした。 やはり2方向のが方が良いのはあたりまえだと思いますが、どちらか良いのでしょうか? (50代/女性)

50代/女性

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。