TFCC損傷縫合術後について

person20代/女性 -

lock有料会員限定

今月10日にTFCC損傷で縫合術をうけました。
固定期間は、肘上固定4週、手関節ブレース固定2週の計6週です。
現在肘上固定期間で脇の下までシーネをあて、包帯で固定しています。
24日に抜糸をしてギプス固定になるのですが、手関節、肘関節は間違いなく拘縮して、可動域制限がでてしまいますか?
術前の説明で主治医から、固定期間終了後に少しずつ動かしはじめる、手関節の回内外に制限が出る可能性がある、と主治医は仰っていたのですが、6週も固定すると、リハビリはかなり大変なものになってくるでしょうか?
以前に、尺骨骨幹部骨折でプレート固定をしたり、ECU腱脱臼で手術をしたりと同じ腕を何度も手術していて、術前に主治医からは、何度も手術をしているから、自律神経や体の反応で知覚過敏など色々な後遺症がでる可能性があるとも言われました。
今のところ痺れもなく、経過良好です。
経験のある先生方のご意見お聞かせください。
よろしくお願いします!

person_outlineやまさん
5名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師