Q

喘息治療は必要なのか

21歳の時に気管支喘息と診断うけて、28歳まで治療を受けていました。
21~28歳の間に喘息での入院は5回ほどあります。
私の場合は、喘息発作おきてもサチュレーションは下がることがほとんどない状態で当時の主治医からも喘鳴があまり聞こえないと言われてました。
主に咳が酷くて寝転ぶことができずにいた時もありました。
吸入したり点滴をしたら改善していましたが、喘息は発作時に喘鳴が鳴るのが特徴でサチュレーションも下がりやすいと友人から聞きました。
私の症状とはあてはまってないので本当に喘息なのかと疑問をもつようになり主治医が転勤になり新しい主治医との相性が悪く信用できないため通院をやめてそのまま治療を中断してしまって、咳でしんどい時は近くの病院に受診して点滴などの一時しのぎの治療をしていました。
半年くらい咳もほとんどでずに調子よかったのに最近になってまた咳が酷くでるようになってきました。

気管支喘息でも喘鳴があまり鳴らない時ってあるのでしょうか。
喘息はずっと治療必要になりますか?
咳喘息なら喘鳴が聞き取れない場合もあると聞いたことありますが、咳喘息ではなく気管支喘息と診断はされてます。
(20代/女性)

質問者:はるじょりく さん

9人の医師からの
回答があります

ななみこ 先生

ななみこ 先生による、はるじょりくさんの喘息治療は必要なのかへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。