Q

肘部管症候群の手術について

一昨年の秋頃、右の肘部管症候群と診断され、診断されてから2ヶ月で小指が閉じられない等の麻痺症状が出てしまい、昨年1月に前方移行術を受けました。
右肘の手術後に左も肘部管症候群と診断され、通院しながら様子を見てきたのですが、昨年11月頃より右肘の時と同じように、小指が閉じられない等の麻痺症状が出始めています。
右利きのため、右肘の時は生活にも支障もあったので、手術に踏み切りましたが、左に関しては、生活に支障はあまりないと感じで、痛みや痺れが気になる程度です。
主治医(手外科専門)からは、あまり麻痺している状態が続くのは良くないので、麻痺症状が出始めてから半年以内には手術をした方が良いと薦められているのですが、日常生活に支障が感じられていなくても、手術をした方が良いのでしょうか?
手術を送らせた結果、麻痺が治らなくなることや、治りが悪くなってしまうことはあるのでしょうか?
(30代/女性)

質問者:おこじょ さん

9人の医師からの
回答があります

はまちゃん 先生

はまちゃん 先生による、おこじょさんの肘部管症候群の手術についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。