Q

本態性高血圧と二次性高血圧におけるリスクの違い

カテゴリ違いでしたらすみません。
タイトルの通りですが、高血圧には本態性高血圧と二次性高血圧の二つがありますが、より脳出血や脳梗塞、心疾患等のリスクが高い(より血管にダメージを与える)のはどちらですか?高血圧におけるリスクとしてはどちらも同じなのでしょうか?また二次性高血圧の人は原因となる疾患を治療して高血圧が治れば脳出血や脳梗塞、心疾患等のリスクは減るのでしょうか?
分かりにくくてすみません。ご回答よろしくお願いします。
(20代/女性)

質問者:MARI209☆ さん

2人の医師からの
回答があります

x2037flj 先生

x2037flj 先生による、MARI209☆さんの本態性高血圧と二次性高血圧におけるリスクの違いへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。