Q
解決しました

クレアチニンと慢性扁桃腺について

クレアチニンが上昇してしまいました。

38才

【2015年11月の血液検査】体重90kg

クレアニチン:1.08(過去5年0.98~1.1を範囲)
尿酸値:7.1(フェブリク10mgを飲んだり飲まなかったり)
LDLコレステロール:168

LDLコレステロールが高いと指摘されたので、頑張ってダイエットを行い、マイナス8kgの減量に成功しました。

週に2回の筋トレとカロリー制限で、筋肉量を維持して、脂肪のみを落としました。

クレアチニンの高めなので、塩分にも気をつけていました。

【2016年2月の血液検査】体重82kg

クレアニチン:1.21
尿素窒素:12.3
尿酸値:6.3(フェブリク10mgを1日1回必ず服用)
LDLコレステロール:139
尿検査:蛋白、糖、潜血いずれも(-)

減量のおかげでLDLコレステロールは下がりましたが、クレアチニンが上昇してしまいました。

そして、この血液検査結果を聞いた一週間後に、喉の痛み(一ヶ月程度、ヒリヒリした痛み)があり、耳鼻咽喉科に行き、【慢性扁桃腺炎】という診断を受け、医師から「何度も繰り返しているから、とった方がいいよ」という助言もいただきました。

確かに、35歳を超えてから、喉を痛めることが多く、年に2~3回程度は内科、耳鼻咽喉科で、薬をもらっていました。

ただ、熱が出るわけでもなく、喉がヒリヒリと痛む程度です。うがいと薬で一週間程度で回復します。

【質問】

・高熱が出なくても扁桃腺は摘出した方がいいのでしょうか?
・また、クレアチニンの上昇対策として、扁桃腺を摘出した方が良いのでしょうか?

・色んな方のお話をみていると、iga腎症との診断を受けてからの扁桃腺摘出なので、診断を受けていない者が、病気を恐れ扁桃腺を摘出しても、あまり意味がないのでしょうか?

できれば手術は回避したいと思っています。

ご助言よろしくお願いいたします。
(30代/男性)

質問者:みみおちゃ さん

3人の医師からの
回答があります

寺島正浩 先生 プロフィールを見る

寺島正浩 先生による、みみおちゃさんのクレアチニンと慢性扁桃腺についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。