Q

苺の環境ホルモン農薬による胎児への影響

お世話になっております。チャップリン77です。

苺Lサイズを2個食べると胎児へのリスクが発生する、と書かれています。プロシミドンという環境ホルモン農薬が胎児の生殖器に影響を及ぼすそうです。

苺には葉酸が沢山含まれているので、積極的に食べるようにと周囲から何度も勧められて、3週間くらい前から毎日食べるようになりました。大粒のものだと1日に半パックから1パック、小粒だと1/3パックくらい食べています。農薬が気になるので、しっかり洗っていますが、どこまで農薬が洗い落とせているか分かりません。

1. 胎児への影響はありそうですか?
2. 苺はもう食べないほうが良いでしょうか?
3. カボチャ、キャベツ、レタスなどにも同じ農薬が使われているようですが、これらも良く食べます。控えたほうが良いでしょうか?
(30代/女性)

質問者:チャップリン77 さん

9人の医師からの
回答があります

うし 先生

うし 先生による、チャップリン77さんの苺の環境ホルモン農薬による胎児への影響への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

    なし

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。