Q

尿管結石の自然排出と積極的治療の見極めについて。

 2/19に疝痛発作があり、尿管結石症と診断されました。結石の大きさは2mm程度のため、保存的治療による自然排出を待つことになりました。

発作自体はそれから3日ほどで落ち着き、現状は若干の腰の痛みと、背中を叩くと腎臓付近に異物感を感じる程度です。

毎日2リットル以上の水分補給と、運動として2時間のウォーキング、100~200回ほど縄跳び運動をしていますが、後のCT検査の結果でも石があまり動いた様子は無いようです。

当方は電車の乗務を仕事としており、疝痛発作のリスクの面から現状、病気療養という形で仕事を休んでいるのですが、このまま結石を体内に抱えたままでは復帰時期の見極めも難しい状況です。

担当医からは1カ月は様子見ということで言われておりますが、このサイズの結石では積極的治療の対象とはならないものなのでしょうか?
(20代/男性)

質問者:tom さん

8人の医師からの
回答があります

うろのミーにゃん 先生

うろのミーにゃん 先生による、tomさんの尿管結石の自然排出と積極的治療の見極めについて。への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。