Q
解決しました

巣状分節性糸球体硬化症 

腎生検で巣状分節性糸球体硬化症の診断を受けました。
2月初旬eGFR62   3月上旬⇒52
蛋白4+⇒2+         ⇒4+
蛋白クレアチニン比 4.5   ⇒2.5
ARBの服用、低たんぱく食、安静で経過観察
骨粗鬆症が進んでいるため、ステロイド治療ができないとのこと。
現在保存治療のみですが、蛋白尿が4+、下肢浮腫、蛋白尿も増大、EGFRも低下。このままでは、緩解が見えず、不安です。
他の病院でも、大腿骨骨粗鬆症が進んでいる場合、
ステロイドなど積極的な治療は使えないのでしょうか。
アドバイスをよろしくお願いします。

(50代/女性)

質問者:zin さん

2人の医師からの
回答があります

SEP11 先生

SEP11 先生による、zinさんの巣状分節性糸球体硬化症 への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。