Q

尿管結石の手術法について

先般は、83才の高齢の母の
早期胃がんの内視鏡手術の件では
チロル先生にお世話になりました、昨日
食事制限もとれ、まだ、体重は戻りません
が、なんとか、元気になりました。、
そんな矢先、今度は尿管結石の手術を
6月に考えるようにいわれました。、
もともと、片方の腎臓が水腎症なので
よい方の腎臓は大事にしないといけないと
わかってますが、今からやっと
体力をつけていくつもりなのに
そんなに急がすのは、万一の腎盂炎とかの
ためでしょうか?
石は4ミリだそうです。私は、尿管の石だけを
下半身麻酔で。とってもらえると
考えていたのですが、先生は一も二もなく
腎臓の石もとるので、全身麻酔ですと
簡単に言われます。母の年齢、慢性心不全
もあり、まだ、術後の間もない母に
させたくありません。しかし。片方の良い
腎臓は守ってやりたいです。
以前の先生は、腎臓の石は経過観察でした
ほんとうに、腎臓の石までとる必要が
あるのでしょうか?
(50代/女性)

質問者:あられ さん

6人の医師からの
回答があります

猫が好き 先生

猫が好き 先生による、あられさんの尿管結石の手術法についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。