Q
解決しました

高齢者ネフローゼ症候群対症療法と積極的治療どっち

現状
77歳 女性 ネフローゼ症候群 微小変化型
入院1ヶ月でプレドニン60mgまで増量したが効果無し 免疫グロブリン点滴を2回して浮腫対策
質問
対症療法と積極的治療のどちらかを選ぶように言われたが、薬が効く期待と、効果無しや副作用(肺炎と歩行困難等とのこと)の怖れ、又高齢者は薬での治療より対症療法が普通との説明があり決断出来ず悩んでいます。今後の生活を考えた場合、どちらを選ぶ方がよいのでしょうか。
対症療法はステロイド止め在宅。浮腫がひどい時のみ入院してグロブリン点滴
積極的治療は免疫抑制剤を使う
(70代以上/女性)

質問者:karaika さん

3人の医師からの
回答があります

SEP11 先生

SEP11 先生による、karaikaさんの高齢者ネフローゼ症候群対症療法と積極的治療どっちへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。