Q
解決しました

肝細胞癌の治療と転院について

こんにちは。
63歳男性です。
数年前C型肝炎を原因とする肝細胞癌を発症し、肝切除を行いました。
そして数か月前、癌が再発し、年齢と肝機能と癌が生じた箇所のせいで、肝切除及びラジオ波は不可能であり、塞栓療法しか治療法の選択肢がないと医師より説明がありました。
塞栓療法にて治療をしましたが、癌は同じ個所に再発し、再度塞栓療法を行うとのことでした。

このまま塞栓療法を続けていって、気休め程度の延命治療のような気もしてしまいます。ラジオ波が危険な箇所ということですが、ラジオ波や最新治療を請けたいです。

そこで、転院を希望し、最新機器がある提携先の病院へ問い合わせをしてもらいましたが、塞栓療法としては現在通院している病院と変わらない技術のため、転院する必要はないとのことでした。

最終的には現在の病院で治療を継続していきたいのですが、転院して戻ってくるにはどのような方法をとれば良いのか教えてください。
また、肝細胞癌の治療法として、効果的かつ肝臓に負担がない治療を教えてください。

(60代/男性)

質問者:NEKO さん

5人の医師からの
回答があります

TKJ 先生

TKJ 先生による、NEKOさんの肝細胞癌の治療と転院についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。