Q
解決しました

直腸カルチノイドと診断されました

69歳の父親が直腸カルチノイドと診断されました。
別の病気の検査で内視鏡検査を行ったところ、偶然ポリープが見つかり、それが1cmの大きさのカルチノイドという腫瘍であると診断されました。リンパに根がはっている可能性があるため、切除が必要だそうです。しかし、場所が肛門に近いため、一時的(半年〜1年)、または切除後の腸と肛門がうまくつながらない場合は一生、人工肛門になる可能性があると言われました。本人は一時的にでも人工肛門になるのがショックで、なんとか人工肛門にならない方法はないか、医師にお願いしたそうですが、切ってみないとわからないとの回答だったそうです。そこで質問なのですが
1、セカンドオピニオンをお願いする必要性はあるでしょうか?
2、私としては、人工肛門以前に生命に関わらないかが心配なので、すぐにでも切ってもらって欲しいという気持ちです。もしセカンドオピニオンを受けるとして、これから転移を調べるためのCT検査があるのですが、それを受けてから考えても遅くはないでしょうか?
以上のことをお聞きしたいです。よろしくお願いいたします。
(60代/男性)

質問者:Nat さん

9人の医師からの
回答があります

相談医師 先生

相談医師 先生による、Natさんの直腸カルチノイドと診断されましたへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。