Q

短期間での局所再発の治療方針について

主治医からの治療案を受け、どの治療法がベストなのか判断できかねております。アドバイスを是非よろしくお願いします。
(今までの経緯)
2015/11 乳がん確定診断、2015/1 右乳房温存手術(乳房の上部)、2015/3-4 放射線治療30回60グレイ
2015/4-7 EC療法4クール、その後経過観察
※手術後の病理結果
ER: <1%、PgR: 0%、HER2: 1+、MIB1: 50%
腫瘍径(浸潤部): 1.1×1.5×1.4cm
組織型: 浸潤ガン、硬ガン
切除断端: 切除表面、5mm以内共に−
リンパ管浸潤:なし
2015/10の定期診察、2016/1の1年検診で問題ないという診断であったが、右胸の硬さ、ハリが気になるため、2016/2-3に細胞診、針生検、CT検査を受け、前回とほぼ同じサブタイプのがん再発の確定診断を受ける。
単発ではなく、広範囲にしこりが見受けられる。
(主治医の治療提案)
1.エリブリン+TS-1 ※臨床試験
→手術の前に全身治療を行い、薬の効果を確認
2.タキサン系
例えば、GT。アブラキサンを加えることも可能。
転移はないが、前回の治療からの再発までの期間が短く癌の成長が早いため、手術をすぐにする選択肢はあるけれど、抗がん剤治療をやって薬の効果を確認する方が良いとのことです。
色々調べると今回の主治医の提案は、遠隔転移再発の場合の治療に使用されるレジメのようなのですが、今回の私のような状況で適用することにより、標準治療(全摘+タキサン系化学療法)よりも効果があるのかなど、よくわかりません。どの治療法を選ぶべきなのかご指南をよろしくお願いします。
(40代/女性)

質問者:ry さん

1人の医師からの
回答があります

星明かりの自由医師 先生

星明かりの自由医師 先生による、ryさんの短期間での局所再発の治療方針についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。