Q

トリプルネガティブ乳がんの再発治療法について

トリプルネガティブ乳がんの局所再発の治療方針についての相談です。
原発は早期で転移もないため、温存手術をしました。放射線治療とEC療法4クールをやって無治療となりましたが、手術か来週1年2カ月で局所再発の診断となりました。前回よりも大きくなはないが、多発している状況です。
今回もCT検査の結果で転移はありません。主治医は再発までの期間が短く、癌の勢いが強いので、薬の効果を確認してから手術をすることを提案されました。
1.エリブリン+TS-1 ※臨床試験
→手術の前に全身治療を行い、薬の効果を確認
2.タキサン系
例えば、GT。アブラキサンを加えることもできる。
局所再発治療の標準治療は全摘+タキサン系化学療法のようですが、主治医提案の遠隔転移再発で適用される治療法を選択することにどの程度のメリットがあるのでしょうか?根治する可能性が高いのでしょうか?
(40代/女性)

質問者:ry さん

1人の医師からの
回答があります

赤荻 栄一 先生 プロフィールを見る

赤荻 栄一 先生による、ryさんのトリプルネガティブ乳がんの再発治療法についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。