Q
解決しました

乳がん再発リスクの考え方について

先日術後の抗ガン剤治療についてご質問させていただきました。術前化学療法にてウィークリーパクリタキセル&ハーセプチン12回を実施後、乳房部分切除術と腋窩リンパ節郭清を実施、3/26より術後の抗ガン剤FECの投与が始まりました。
全部で4回予定です。(ご相談させていただき納得した上でFEC投与を開始しました)
下記のように術後の正式な病理も出ました。
FECの後は放射線、ハーセプチン、ホルモン剤予定です。
術後の病理検査では乳がんの種類やki-67、Her2なども数値が変わっておりますが、再発リスク等はあくまでも術前化学療法前のデータで考えておくべきものなのでしょうか?それとも術後の病理に基づくものなのでしょうか?
心構えとしてお聞きしたくご質問させていただきました。

術前(針生検・術前化学療法前)
充実腺管がん
腫瘍径 14ミリ
リンパ節転移1
核グレード2(診断時のクリニックにて。今の大学病院の病理では術前もグレード1の診断となっていました。)
ホルモンレセプター ER8 PgR8
Her2 2+ fish法にて陽性
ki-67 30%

術後
硬がん
化学療法の効果 グレードIB
腫瘍径8ミリ
リンパ節転移3/25(3つのうち微小転移1)
核グレード1
ホルモンレセプターER7 PgR7
Her2 fish1.4
ki-67 0.1%
ly(+)v(-)
断端 陰性
(40代/女性)

質問者:yui さん

3人の医師からの
回答があります

YUMC 先生

YUMC 先生による、yuiさんの乳がん再発リスクの考え方についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。