Q
解決しました

膝関節受動術の時期について

大腿骨顆上骨折で、髄内釘手術をしてます。
膝が、曲がらないため受動術を薦められました。
まだ骨癒合は、完全では無いため再骨折の、リスクが
無いとは言えないそうです。
骨癒合しかけた時と、完全に骨癒合した後のどちらで
受動術を、する事が多いのでしょうか?

少しでも早い時期に受ける方が、可動域確保の
可能性が高いなどあるのでしょうか?

関節鏡を、入れず麻酔をかけ力ずくで曲げる場合と
関節鏡入れて、癒着を、剥がす方法ではどちらが
効果が高いなど違いはあるのでしょうか?

薦められた方法は力ずくで曲げる方法です。
(40代/男性)

質問者:匿名希望 さん

7人の医師からの
回答があります

宮本 浩次 先生 プロフィールを見る

宮本 浩次 先生による、匿名希望さんの膝関節受動術の時期についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。