Q
解決しました

乳がん局所再発の治療について

1年前にトリプルネガティブ乳がんの温存手術→放射線治療→EC療法を行って、局所再発(転移はなし)をしたケースにおいて、エリブリン+ts-1のレジメを術前に行い、後で手術をする治療法を主治医より提案されています。
標準治療の全摘手術→タキサン系化学療法(原発でやってないレジメ)をやる事と比較してどのような違いがあるのでしょうか?(メリット、デメリット、効果、リスクなど)
(40代/女性)

質問者:ry さん

4人の医師からの
回答があります

ななみこ 先生

ななみこ 先生による、ryさんの乳がん局所再発の治療についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。