Q

尋常性疣贅の間接的接触について

手にできた尋常性疣贅を液体窒素にて加療中の者です。
尋常性疣贅の間接的接触による感染について、「長期間接触しないと感染しない」とか、「気にしなくてよい」と言われていますが、尋常性疣贅があると気づく前から使っていたバッグ、財布、手帳、携帯電話、化粧品のボトル、ドアノブなど、気になってしまって仕方ありません。
特に車のハンドルは、運転中長時間握りしめている必要があり、今は綿手袋をして握っていますが、これから熱くなるとそれもつらくなるし、蒸れて余計にイボを増やすのではないかと心配です。
そこでお教え頂きたいのですが、
1、「長期間接触しないと感染しない」というところの長期間というのはどの程度の時間なのでしょう?
実際そのように長期間イボの患部に接触した覚えがないのに多数のイボができ、困っています。
2、「気にしなくてよい」と言われていますが、ウィルスがついているであろう身の回りの物は、そのまま使用しても感染源にはなりませんか?
(40代/女性)

質問者:もぷしー さん

7人の医師からの
回答があります

宮本 浩次 先生 プロフィールを見る

宮本 浩次 先生による、もぷしーさんの尋常性疣贅の間接的接触についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。