Q

脊柱管狭窄症

頚部の脊柱管狭窄症での相談です。
経緯は以下の通りです。年末に事故に合い前方からの逆突で加害者車両はごみ収集車です突然停車中に携帯を見てたら前が暗くなるのに気がついたので、とっさにハンドルをにぎり身構えたのかの状態で身体の状態をひねった感じです。当日の夜から熱が出て2日間寝ていました。熱が下がるやいなや首から肩にかけての痛み腰の痛み左上下肢の痺れと痛みが強くなり整形外科にかかりました。
既往症があり2年前に転んで後頭部、背中を強打し後頭部の痛みと左上下肢の痺れはありましたが脳神経外科での治療を事故年の5月ころまでリハビリと薬の服用をし以降、投薬のみで治療していました事故にあったころは痺れも少しは治まり痛みも後頭部痛がたまに気になる程度まで回復していて2月から仕事に復帰する予定でした。

現在通っているいる整形外科ではMRの結果C5.6の脊柱管狭窄症があると診断されているものの
事故によるものではないと言われていますが、26年8月の怪我の際に脊髄の専門医がいる総合病院でも心配だった為、受診し26年9月にMRI検査後、脊柱管狭窄症とは言われていません、また現在通っている整形外科の主治医から私は脊髄の専門ではないので前回の怪我の際の先生に一度診てもらい手術した方がいいと紹介状を渡れました。私も以前の痛みとはまったく異なるので前回の画像と比較してもらう為にも受診し28年1月の画像と26年9月の画像と比べてもらいました結果、脊柱管狭窄症で手術の必要姓があると言われています。
反射も悪く握力左17右30程度です。また今何らかの形で頚椎に衝撃等が加わると寝たきりになる可能性が大であると言われています。
もし27年12月に事故に合わなかったとして26年9月と27年2月のMRI検査で異常がなく28年1月のMRI検査で脊柱管狭窄症と診断されわずか10ヶ月程度で手術が必要な状態になりうるものでしょうか?

(40代/男性)

質問者:shelly さん

6人の医師からの
回答があります

宮本 浩次 先生 プロフィールを見る

宮本 浩次 先生による、shellyさんの脊柱管狭窄症への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。