Q

市販薬と処方薬の使い方

「薬のチャンポン飲みは危険」と良く聞きます。
同成分と言う意味でですが。

例えば、偏頭痛と筋緊性頭痛を併発し、偏頭痛では揉んでもダメだし、筋緊性では冷やしてもダメなので、両方を対症療法として服用したい。

・偏頭痛→レルパックスを6錠
・筋緊性→イブプロフェン単成分市販薬

を所持している。

偏頭痛のレルパックスを先に利用したが、効き目がままならないので、2時間後にイブプロフェン単成分市販薬を服用。

この方法は合っているものでしょうか。
時間が経っていれば、レルパックスの連用の方が良かったのでしょうか。

いつも気にしてしまいます。
(30代/男性)

質問者:オブライエン さん

3人の医師からの
回答があります

かずえもん 先生

かずえもん 先生による、オブライエンさんの市販薬と処方薬の使い方への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。