Q
解決しました

舌の白板症は消えたのですが、癌の可能性は?

舌側面の白板症とその癌化について質問させてください。
昨年、舌の左側面に、白い潰瘍のようなものが出来ていました。
ストレスも大きい時期でしたので、口内炎かと思い放っておいたのですが、白い病変がなくなるまでは半年近くかかった気がします。

その後もその場所は切り傷のようなものがついたり、何かと歯が当たったりピリピリとした痛みを感じやすい場所で、先日別件で耳鼻科に行った際にその話をしたところ、「見たところたぶん癌ではないと思うし、いまは白い病変もなくなっているけど、跡(不正)はあるから経過観察しましょう」と言われ、想定外だったこともありショックを受けました。

そこで以下、質問させてください。
1. 仮に白板症だったとして、いまは白い病変自体は消えている(色は周りの舌と一緒ですが、ざらっとした手触りの荒れた跡は多少あります)のであれば、とりあえずは癌の心配はしなくて良いのでしょうか?逆に、白板症が癌化するときは、白い病変は残ったままなのでしょうか?

2. 耳鼻科の先生に言われ思い当たるのは不正咬合なのですが、歯の矯正を今後した場合、逆に患部に当たったりしないか心配です。

3. 仮に癌の可能性がある場合、来週後半にクリニックの口腔外科を予約したのですが、遅すぎないでしょうか?最初から大きい病院に行った方が良いでしょうか?

アドバイス頂けますと幸いです。
(30代/男性)

質問者:たい さん

4人の医師からの
回答があります

耳鼻科の癌の専門家 先生

耳鼻科の癌の専門家 先生による、たいさんの舌の白板症は消えたのですが、癌の可能性は?への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。