Q

悪性リンパ腫からの副腎腫瘍(癌)

看護師です。71歳の父がびまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断されてから一年。これまでR-CHOPやチェイスなどの抗がん剤治療法を試し寛解後に再発しました。途中脳転移も認めましたが、今は一時的に消失しています。現在、副腎腫瘍のみを認め明日からGDPを開始予定です。
もしこの治療法で効果がない場合、緩和ケア(弱い抗がん剤併用しての)を選択するしかないと言われています。副腎腫瘍に対し外科的手術を選択することは不可能ですか?2週間以上嘔気が強く、経口摂取が出来ずエルネオパ2,000ml/日投与しています。今のところ全身状態は何とか保たれており本人も生きる望みを捨てていません。一度脳転移しており完治は望めない事は理解していますが、今後の治療の進め方についてどうかご教授お願いします。
(70代以上/男性)

質問者:シュウさん さん

4人の医師からの
回答があります

相談医師 先生

相談医師 先生による、シュウさんさんの悪性リンパ腫からの副腎腫瘍(癌)への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。