Q

バルプロ酸によるうつ転の可能性

お世話になります。双極性障害にてデパケンR600mg/day3分(以下バルプロ酸)とラミクタル50dmg/day眠前のみ(以下ラモトリギン)併用で治療していましたが『うつがめだつ』ということでバルプロ酸を減量(500m/day3分)ラモトリギンを増量(75mg眠前)しました(医師処方)ということはバルプロ酸過多でうつになってしまったということでしょうか?服薬指示は守っており勝手に減薬等はしていませんちなみにバルプロ酸の血中濃度は有効範囲とのことでしたが…バルプロ酸はうつ転の原因になりえますでしょうかご教示お願い致します
(50代/男性)

質問者:なまはげ さん

8人の医師からの
回答があります

いなかっぺ精神科医 先生

いなかっぺ精神科医 先生による、なまはげさんのバルプロ酸によるうつ転の可能性への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。