Q
解決しました

肺腺がん(3b)イレッサ耐性後の治療

79歳の母でご相談をお願いいたします。2年前に3bの肺腺がん(反対側のリンパ節に転移あり)と分かり、手術も放射線治療もせず、副作用がきつかったので、2日に1回のイレッサの服薬を続けてきました。ところが、今回のCT検査で、腫瘍が1cm大きくなっていることが分かり(前回は5ヶ月前、確か先生は50%大きくなったと言われていました)、治療方針を変えることになり、来月決めることになりました。今はイレッサを毎日服用しています。主治医の先生は、イレッサの毎日服薬を続ける、ジオトリフに変える(タルセバは効果ない)、アリムタを使う、タグリッソを使うの複数の選択肢があると言われていました。そこで、少しでもQOLの良い状態で、長く生きられる治療法についてご意見を下さいますようよろしくお願いいたします。通常の点滴の抗ガン剤を使って半年ほど経つとまたイレッサが効くようになるということも聞いたことがあります。上記の治療法を経時的に組み合わせたらよいのでしょうか。高齢で小柄な母ですので心配です。
(70代以上/女性)

質問者:Yuchiko さん

7人の医師からの
回答があります

相談医師 先生

相談医師 先生による、Yuchikoさんの肺腺がん(3b)イレッサ耐性後の治療への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。