Q
解決しました

針生検で両免疫染色が追加されるケース

いつも迅速かつ、的確なご助言を賜り、ありがとうございます。
先生方のお心こもったご助言に、不安は安堵に変わり、感謝しております。

お忙しい中、度々のご相談を何卒ご容赦ください。

今年に入って、婦人科検診で指摘された乳腺の両側多発性腫瘤と石灰化で、乳腺外科にて精密検査を受けています。

これまで、
・マンモグラフィー
・エコー
・MRI(アレルギー体質のため造影剤使えず)
・コア針生検
を受けました。

コア針生検にて、これまで葉状腫瘤と思われていたしこりが、液の濁った嚢胞であることがわかり、
嚢胞内癌の可能性があるとのことで、次回はマンモトーム生検にて再検査となりました。

針生検の実施前は良性だと楽観視され、経過観察でも良いと言われていたのに、マンモトーム生検で再検査という結果に、少なからずの不安を覚えています。

今回、お尋ねしたいのは、
免疫染色という診療項目についてです。
針生検の会計の際、
「両免疫染色が追加されたので、3割負担で1,200円程度、改めていただきます。」と言われました。

気になって知り合いの医療関係に尋ねたところ、「通常は、悪性の場合にそのタイプを調べるために追加する。」とのことでした。

ということは、わたしのしこりは悪性だった、ということなのでしょうか。
他の目的で両免疫染色が実施されることはありますか?

過敏になっているような気もして、お恥ずかしい限りですが、ご教示いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
(30代/女性)

質問者:ハナミズキ さん

9人の医師からの
回答があります

ななみこ 先生

ななみこ 先生による、ハナミズキさんの針生検で両免疫染色が追加されるケースへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。