72才の母の事でご相談です

person70代以上/女性

二年ほど前から左足甲の痺れを訴えはじめ、左の肩胛骨から腕への激しい痛みも併発し、近所の整形外科で電気及び投薬の治療を続けておりましたが、徐々に症状が進み腕の痛みで寝られないほどになり、足の痛みの範囲も広がり腰痛も出てきたので、去年の10月に総合病院への紹介状を頂いて、MRI、筋電図等の検査をしたところ「頸椎症性脊髄症」の診断がくだり、手遅れ(寝たきり)になる前にとの主治医からの勧めで、今年の1月に首の骨(4〜6番)を後方から切り開き、7番を削って脊髄の圧迫を除圧する手術を受けましたが、術後間もなくは一時的に足の痺れも取れたのですが、またすぐに再発しその後痺れの箇所がどんどん広がってしまい、杖無しでの歩行は危険な状況です。左の肩胛骨の締め付けられるような痛みだけは大分楽になったのですが、手術前には問題の無かった右手にも痛みが出るようになって箸もまともに持てません。ずっと起きていると首が耐え難いほどに辛いというので、一日の大半を横になって過ごしています。着替え入浴等には介助が必要です。術後三ヶ月目のMRI検査では手術は成功している、これ以上悪くなる事はないから安心するように、との事で本人の訴えは先生に取りあって貰えません。このままではどんどん悪くなるような気がします。年齢的に仕方がないのかもしれませんが、発病前は同年齢の方達と比べてとても元気でしたし、内臓疾患等は一切ありませんのであまりにも可哀想だと思うのです。転院を考えて居るのですが、どのように主治医に話をすればいいのでしょうか?

person_outline迷える中年羊 さん -

1名の医師が回答しています

マーク 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

30代/女性 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師