Q
解決しました

子宮頸がん円錐切除後のホルモン治療について

多嚢胞性卵巣で生理不順。
二人目を希望していたので今年の2月に子宮頸がん検診を実施したところ子宮頸がん発覚。
経緯は以下の通りです。

細胞診クラス4
コルポ、組織診 微小浸潤がん疑い
円錐切除 確定診断 上皮内がん 断片陰性
切り口付近まで若干がんの広がりがあるものの、切除後にメスで焼いているので、断定は出来ないが取り残しはおそらくないだろうとのこと。
6月と9月に再度細胞診を実施予定。
9月の細胞診をクリアしてから妊娠許可を出すと言われています。

年齢的にも許可後すぐにトライをしたいのですが、多嚢胞性卵巣で自発排卵がほとんどなく、第一子もカウフマン→排卵誘発を経て授かった経緯があり、今回も許可がおりるまでピルかカウフマンで対応しましょうと言われています。

しかし、ピルやホルモン治療は子宮頸がんのリスクをあげるとの記事を読み、取り残しや再発のリスクを考えるととても不安です。

10代から多嚢胞性卵巣でホルモン治療を頻繁に行っており、もしかすると今回の子宮頸がんもホルモン治療が関係していたのでは?と思うと不安でなりません。

上皮内がんで円錐切除後のホルモン治療は危険ですか?
主治医には特にそのことについて何も言われていません。
再発のリスクを高くする可能性はあるのでしょうか?

プレマリンとプロベラを処方されていますが、飲むのを躊躇ってしまっています。宜しくお願い致します。
(30代/女性)

質問者:ふうとママ さん

5人の医師からの
回答があります

近藤 恒正 先生 プロフィールを見る

近藤 恒正 先生による、ふうとママさんの子宮頸がん円錐切除後のホルモン治療についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。