Q

伝染性単核球症

リンパ節の腫れや扁桃腺の腫れ、白い膿が付着していることなどから伝染性単核球症と診断されました。
血液検査も行ったところ
AST 386
ALT 377
ALP 451
GTP 121
WBC 148.0
CRP 0.38

という結果でした。
WBCとCRPは特に心配はいらないと言われました。肝臓の値に問題があり、レボフロキサシン500mgという抗菌剤が原因になることがあると言われました。
薬が原因で数値はここまで上がるのでしょうか。
(20代/女性)

質問者:もちょ さん

15人の医師からの
回答があります

寺島正浩 先生 プロフィールを見る

寺島正浩 先生による、もちょさんの伝染性単核球症への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。