Q

自然周期で黄体化未破裂卵胞があるときの移植について

いつもお世話になっております。
体外受精で5日目の胚盤胞の凍結胚移植を予定しています。
今回は自然周期で、生理14日目から内診していただいていましたが、なかなか排卵せず、生理20日目には「未排卵のまま黄体化した」と言われました。
黄体化した卵胞の大きさは45mmまで育っていました。
移植キャンセルになるかと思いましたが、黄体化した前日を排卵日と設定して、移植できると言われました。
内膜は12mmです。
黄体化する前は、LHサージに強い陽性が数日出てその後陰性になりました。
黄体化後は基礎体温が上昇しています。
他の方のブログなどを見ると、黄体化未破裂卵胞がある場合は、移植キャンセルになる人が多いようなので、今回移植になったことに驚いています。
(移植ができることは嬉しいのですが、不安が大きいです)
黄体化未破裂卵胞がある場合は、着床率が下がるなどの影響は考えられますか?
(20代/女性)

質問者:えみり さん

2人の医師からの
回答があります

あひ 先生

あひ 先生による、えみりさんの自然周期で黄体化未破裂卵胞があるときの移植についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。