Q

肝細胞癌摘出術・TACEの後のAFP上昇

私は79歳男性です。昨年12/9に肝細胞癌2個(多結節癒合型の低分化癌40mmと中分化癌8mm)の摘出術を受けましたが、再発(再燃?)し、4/1にTACE(肝動脈化学塞栓療法)を受けました。TACEにより、1cm程度の癌2個に加えて極小癌10個程度の全てに処置が施されました。4/28のCT画像により、抗癌剤が一定程度効いて1cm程度の癌やその他の極小癌の縮小が確認された旨医師より説明を受けましたが、CT画像には、縮小したとはいえ小さな癌(塞栓物質により白く映る物)がまだ多数映っており、何よりもAFP等の値が急上昇していることから心配でなりません。TACEによる抗癌剤の効果は約1か月で抜けると聞いたことがあり、1か月経過した今、抗癌剤の効果が消えて癌が再燃してきているのでしょうか。
AFP: 2015/10/5 110[H] → 12/3 254[H] → 12/9肝細胞癌摘出術 → 2016/1/25 121[H] → 2/8 167.5[H] → 2/29 296[H] → 3/31 479[H] → 4/22 476.7[H] → 4/28 659[H]
CA19-9: 2016/1/5 14
CEA: 2016/1/5 3
次のCT(造影剤)検査は6/28ということで、それ迄ウルソを服用するだけの状態で良いのでしょうか。因みに、私にはB型肝炎既往歴があり(現在HBV-DNA陰性)、肝細胞癌の背景は主に肝硬変です。
また、以下の検査数値の推移から、肝細胞癌のほかに胆管癌の疑いもあるのではないかということも気にかかっております。
γGTP:86[2/29]→89[3/31]→TACE[4/1]→85[4/2]→80[4/4]→105[4/8]→130[4/18]→142[4/28]
ALP:267[2/29]→295[3/31]→TACE[4/1]→240[4/2]→258[4/4]→344[4/8]→347[4/18]→335[4/28]
LDH:159[2/29]→198[3/31]→TACE[4/1]→301[4/2]→227[4/4]→187[4/8]→162[4/18]→185[4/28]
LAP:2月、3月は未測定→TACE[4/1]→122[4/18]→121[4/28]
以上、お伺い申し上げます。ご教示賜りますようお願い申し上げます。
(70代以上/男性)

質問者:Wisteria さん

4人の医師からの
回答があります

雪国の画像診断医 先生

雪国の画像診断医 先生による、Wisteriaさんの肝細胞癌摘出術・TACEの後のAFP上昇への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。