Q

職業性ジストニアと矯正について

以前、職業性ジストニアと診断されたものです。

症状は、左手でコーヒーカップを持ったりスマホを操作しようとすると、左肩が上がって力が入り、腕を畳んだ状態になってしまうのです。

こうなってしまった背景は、学生時代に体育会で卓球(左利き)をしていたのですが、社会人になっても地域のクラブで活動を続けました。そして30代半ばになり、いつからか、体(下半身)が昔のように動かなくなったのを上半身でカバーしようとして、体を使ったスイングではなく、上半身の左腕だけで無理して強い球を打とうとしたからではないかと思います。

今では、卓球でも私生活でも、少しでも左手で何か始めると、徐々に左肩に力が入って自分の思い通りにはなりません。特に卓球でサーブを出す時にラケットを台と水平にバックスイングを取ろうとするのですが、肩に力が入り、水平にバックスイングしているつもりが肘が完全に畳んでしまってラケットが顔の近くまで上がってしまい、どうしても思い通りにスイングができません。
日常でも、食堂のお盆などを気を付けながら持とうとすると左肩が上がって力が入り、肘を畳んでしまいそうになります。
今のところ、PCのキーボードを打つ程度でしたら問題ありませんが。

何か改善案はありませんでしょうか。テーピングや湿布などを張ったりすれば改善することでしょうか。
結構気になるので、ずっとこの状態だと精神衛生上影響があり悩んでおります。
(30代/男性)

質問者:ケン さん

4人の医師からの
回答があります

MNS 先生

MNS 先生による、ケンさんの職業性ジストニアと矯正についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。