Q

大腿骨頸骨折の術後脚長差について

理学療法士として勤めているものです。
質問なのですが、大腿骨頸部骨折でBHP(人工骨頭置換術)を施行された方には特に術側で健側に比して下肢長が長く設定されることが多いように思います。
これは意図的に長く調整しているのか、また技術的な部分や肢位的な問題によるものなのか疑問を感じています。
整形外科医としては何を基準に調整しているのかまた長く調整する理由などあればご意見いただきたく思います。
宜しくお願い致します。
(20代/男性)

質問者:のり さん

7人の医師からの
回答があります

関西整形外科 先生

関西整形外科 先生による、のりさんの大腿骨頸骨折の術後脚長差についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。