非通常型治療について

初めまして。
実は私の祖父(83歳)が胆のう癌だと診断され、さらにそれが肝臓にも広がってしまっています。余命は2〜3ヶ月だそうです。ずっと元気でいた祖父なので信じられません。医者の先生にも「手術もできないし、少しよくなったら家で過ごすのが良いでしょう。」と言われたらしいです。
ですが、私は何とかして治してあげたい、少しでも長く生きて欲しいと思っています。来年は私の姉の結婚式があるし、再来年の1月には妹の成人式があります。
色々と調べた結果、尿療法・水溶性国産メシマコブ・サメ軟骨・ブラジル産アガリクス・ブラジル産プロポリス・AHCC・フコイダンなどの「非通常型治療」というのが良いのでは…と思いました。
これらは効果があるのでしょうか??そしてあるとしたら、どのようにして治療するのでしょうか??医者にもうダメだと言われ、これらに頼る他ありません。。例えば、尿療法では、好転反応というのがあると聞きましたが、祖父は83歳と高齢のため、その反応が返って悪い方へと行ってしまうのではないのかが心配です。
唐突で申し訳ありませんが、どうか教えてください。お願いいたします。

person_outlineりんご さん -

2名の医師が回答しています

ryre 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

関連リンク

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師