Q
解決しました

胎児被曝の影響について。

胎児が子宮内で被曝した際に100msv以下では奇形等の確定的影響は見られず、被曝を理由に中絶をしてはならないという勧告(ICRP)はあまり一般的ではないのでしょうか?

白血病等のガンなど、確率的影響は10msv程度でも増えることは存じていますが、こちらのアスクさんで胎児(受胎2週、妊娠4週時)での不妊のための卵管造影検査での被曝(10msv程度?)の影響を質問したところ、中絶や奇形等の影響を心配をされる先生も多く、何が正しいのかわからない状況です。
(30代/女性)

質問者:みさ姉 さん

6人の医師からの
回答があります

とある医者 先生

とある医者 先生による、みさ姉さんの胎児被曝の影響について。への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。