Q
解決しました

左乳房浸潤性乳菅癌(初期)の免疫細胞治療について

現在、ステージ1の左乳房浸潤性乳菅癌で、「乳房温存手術センチネルリンパ生検」の入院手術を6月に控えている者です。

手術後は、今の所はホルモン治療と放射線治療の標準治療を行う可能性が高いと言われています。

ちなみに乳癌は、腫瘍9mmが2つ。ホルモン受容体陽性、HER2陰性、癌細胞の顔つき1、リンパ節転移なしです。

乳癌は全身病で、発症した時から微小転移があると聞き、他の病院での免疫細胞治療も手術後に同時進行で行うか検討中なのですが……

免疫細胞治療が高額なのと、ステージ1でその治療が必要で効果的なのか……私自身が不安障害を抱えているため、考えすぎなのではないかと思ってしまい……。

色々な先生方のご意見を参考にさせていただき、総合的に自分なりに考え悔いのない決断をしたいです。どうか宜しくお願い致します。
(30代/女性)

質問者:のん さん

1人の医師からの
回答があります

赤荻 栄一 先生 プロフィールを見る

赤荻 栄一 先生による、のんさんの左乳房浸潤性乳菅癌(初期)の免疫細胞治療についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。